フォト

ついった


阪急電車

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019.11.25

初挑戦! 横浜マラソン

やってきました。横浜マラソン。

11月10日(日曜日)

一番電車に乗って会場へ。会場の最寄り駅のみなとみらい駅まで一本で行けるのは、余計なエネルギーを使わずに済むので助かります。

ただ早朝なんで、和光市からみなとみらいまでオール各駅停車だったりしたんですけどね…。

会場到着。着替える前、着替えた後、トイレに行く。2回も行ったんだから、もう走る時には大丈夫…と、思ってたんですけどね。

スタート地点到着。2万人もいるので、本来のスタートの場所からはかなり遠くの場所に。スタートまで30分。ただただ寒かった…。

8時30分。号砲鳴る。しかし、スタートからは遠い場所にいたために、まだ待ちの状態(それでも前進はしている)。

約7分後、ようやくスタート。混雑のためになかなか前へ進めない。ペースも遅くなる。

5Km通過時点で29分台。かなりのスロースタート。この先どうなるかと思ったんですけど、そこから先は人もばらけて本来の速さで走れるようになりました。

10km通過時点でちょっとした違和感が。また、トイレに行きたくなる事態に…。寒さでそういう事になっちゃうのかと。過去にも早い時間帯でそういう事が起こりましたが、トイレで待つ時間を惜しむんなら…と思い、そのまま我慢してゴールまで行っちゃったんですけど(そこまで深刻なレベルでもなかったし)。

今回のこの横浜マラソンはトイレの場所が頻繁にあって、結構待たずに行けそうな箇所が多かったんです。

「この先どこかにすぐに入れる所があるはず」と、トイレを見つける度に注意深く見てみたら、あったんです!

待ち時間ゼロ。2分弱で用を済ませて、レース復帰。フルマラソン5回目にして初のトイレタイムを経験しました(苦笑)。

もうすぐ12kmという付近での出来事でした。もしもこれより先にそれをしていたら、足の筋肉の疲れもあってそれまでのペースを乱しかねない恐れもあったので、絶妙な距離での行動だったと思います。

そのトイレタイムの前後のコースは首都高速湾岸線の真下をずっと通るということで、日陰になってたんです。一番早いペースで走りたかった場面だったので、これは本当に助かりました。

この横浜マラソンの特徴として、途中で高速道路(首都高速湾岸線)を走るというコースがあるんです。そこへ入る「杉田入口」の坂道が、このマラソンの難所的な場所だったんですけど、そこも難なく通過。景色もよく(富士山も見える!)、適度にいい風も吹き、フラガールやサンバガールのお姉さま方の熱烈な応援もあって、そこも切り抜けることができました。

高速を降りて(車ではありません。自分自身で走ってです…)35kmを過ぎてから、やはり疲れが…。あとで記録を見たら、30kmまでとそれ以降のタイムが違いすぎてました。しかし、これまでになく普段のランで長い距離を走ってきた事、ウエイトを落としたこと、これが効いたのか、前からこの時点で起こった変な痛みが殆ど起こらずに走り抜ける事ができました。

残り数キロの場面で横浜の中心部を通るんですけど、ここでもビルの日陰が。今回はこの「日陰」が本当にいい所で味方してくれました。お昼の時間帯。日も照って気温も上昇していただけに、これは本当に大きかった。

そして、ゴール。グロスタイム(号砲からの記録)こそ4時間4分57秒でしたけど、ネットタイム(スタート時点に立ってからの記録)は3時間57分58秒と、前回(今年3月)の板橋Cityマラソンの「屈辱の(?)僅か20秒でサブ4逃す」の悔しさを晴らす「サブ4奪還!!」となりました!!

合格発表から約5か月。前回の反省を踏まえて色んなことに取り組んできました。報われました。大きな大会でこの記録が出せたことは大きな誇りだと思います。また来年、合格通知を受けて、また横浜の街を走りたいなぁ…と、思います。

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

でー・ぶい・でー

てんきよほー

瞬!ワード