フォト

ついった

  • ついった

阪急電車

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いよいよ、決戦の時 | トップページ | 「奇跡の道」を比較してみた »

2010.12.05

最高の結末

長い人生の中で、これだけ事がうまくいく事なんてそうそうございません。

なんか、ドラマの登場人物の中にいるかのような、そんな気分にさせられた一日を昨日過ごした気がします。

実は、初めての埼スタ・レッズ戦。浦和美園駅を出て長い一本道を歩いても、レッズサポばっかし(苦笑)。

Hi3f0047
埼スタ到着。

今回の試合が超大事であるという危機、みんなでサポートしていこうという気持ちが結集した結果なのか、スタンドに着いたら、ビッシリ満員! もっと早く来ればよかったと後悔… 選手も交えてのサポミもあったっていいますし… 来年の課題ですね「もっと早くスタジアムに来よう」は。

今回の観戦は、自身初ものが多かったんです。

・12月のリーグ戦
・最終節
・降格が決定してしまうかもしれない

…そして前出の「埼スタのレッズ戦初観戦」に加え、「試合前にコレオグラフィーの参加」も体験。真っ只中にいたせいか、生でそれを見ることが出来ませんでしたが(当たり前か)、これで確認。見事でした!

試合は途中でピンチになるも、徳重のスーパーセーブで何とか凌ぐ。これを乗り越えてくれたのも勝負の分かれ目だったかと。そして前半31分に孝行が先制ゴール! 浦和・大宮戦でゴールの多い孝行。大事な場面で「さいたまキラー」ぶりを発揮してくれました(笑)。

前半は1-0で終了。ここで朗報が。京都・西京極ではFC東京が0-1で負けているという知らせが。スタジアムでの他会場速報でも流れましたが、西京極の経過が出てくるとアウェー席全体に大きなどよめきが!!

それから、VIPルームでは、怪我・出停・ベンチ外などで試合に出られない選手も観戦しておりました。
Hi3f0050

怪我の嘉人、前節の退場で出停になっちゃったヒデなど選手みんながサポーターになって声援を送っておりました。

後半。リードはしていましたが、追加点取れば楽になるし、仙台の展開次第では違う形での残留も可能になる(東京が勝っても、神戸大勝・仙台大敗で残留という道があった)ので、どんどん点とってもらいたかったのですが…

チャンスが思わぬところで舞い込んできた。慶治朗がPAで浦和のDF濱田(←この試合初のスタメンだったそうで。暢久の出停で転がり込んだチャンスでしたが、いい所なかったですね。孝行の1点目も彼絡みでしたし)に倒され、PKのチャンス。PKのキッカーは孝行。決めれば試合がだいぶ楽になる。

これを落ち着いて決めた!! 2-0。

数分後にはカンジョもゴール!! 3点あれば、もう勝利は間違いない。いや、しかしもっと点取れるはず。今日の浦和のDFを考えれば可能だと思ったし、他会場の兼ね合いを考えれば余計にそう思った。

その後は大きな展開にもならず、試合も終了間際。客席からある情報が…

「京都がどうやら勝ったようだ」

本当か? VIPルームにいたはずの選手たちが神戸ベンチに移動し始めた。情報錯綜の中、ロスタイム突入。そんな中で試合は動いた。慶治朗が森岡からのパスをシュート。若い2人のホットライン、神戸の未来を切り開くかのごとく決まったダメ押しの4点目!! アウェー席のサポもベンチも狂喜乱舞。そして試合終了。

◎J1最終節/浦和0-4神戸[@埼玉スタジアム2002/45,941人]

そして、当面の敵のほうは…

☆J1最終節/京都2-0FC東京[@西京極/12,697人]

祝!! ヴィッセル神戸、逆転残留!!

Hi3f0051
試合終了後、みんなで歌った「神戸讃歌」。

「神戸が勝って、東京が敗れる」という、確率的に余り無いであろう結果が現実になりました。7試合負けなしという勢い。早々出来るものではありません。何度くじけそうになったことか。それでも、みんな諦めなかった。選手、スタッフ、ファンやサポーターがみんなで動いて勝ち取った「残留」です。

確かに、それまでの体たらくが響いて15位という結果にはなってしまいましたけど、この1ヶ月強の快進撃はクラブに大きな変化をもたらしたと思います。クラブに関わる全ての人たちを動かしたと思います。来年以降、この勢いを続けていけば、成績面でも大阪の2クラブに肩を並べるものと思います。

こんな最高の結末は無い。今度は「優勝」でこれ以上の喜びを体験したいものです。

« いよいよ、決戦の時 | トップページ | 「奇跡の道」を比較してみた »

ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49319/50222322

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の結末:

« いよいよ、決戦の時 | トップページ | 「奇跡の道」を比較してみた »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

でー・ぶい・でー

てんきよほー

瞬!ワード