フォト

ついった


阪急電車

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2022.04.30

3年ぶりの自由なGW

ゴールデンウイーク、突入です!!

3年ぶりになんの縛りもないゴールデンウイークです。

私のほうは、何の予定も立ててません。1日ぐらいのんびりと近場をブラブラしたいとは思っていますけどね。

3年前の平成→令和に替わった時の10連休も、日帰り旅行を2度(大阪と鬼怒川温泉)やっただけでした。大型連休になると、混雑がなんとなく嫌だったり、切符や宿が取れなかったりも嫌だったりするんで、遠出するのもここ何年もやってない気がします。

家の周りを整理したいとも思っていますけど、いざこの時期になると体が動かない。家でボーっとしているか走るかで1日が終わってしまう…。そして、遅くまで起きてて、朝も遅く起きるという生活になるという…。

みんな3年ぶりの自由な連休を楽しんでいるようですけど、また感染数が増えないように気を付けてほしいものです。

2022.03.27

これで新年度突入ですか!?

そうなんですよ。

本当に公私ともにいい事無く、この3月を終えようとしています。

仕事のほうはコロナ渦の影響が続いて業績が上がらず、走るほうも足の調子がずっと悪くて速く走る事ができず、体重や体脂肪も下がらず…。

応援してるスポーツチームもなかなか勝てず。ますます落ち込んでしまう。何とかしてくれ。

そんな中でも、サッカー日本代表はよくW杯出場を決めてくれました!! 数少ない「いいこと」ですよね。

戦争もコロナ渦もまだまだ続きそうです。この先、まるで見えてこない。

これで新年度に入るなんて…と、思います。

まぁ、なんとか頑張って1日1日やってまいりますよ。

2022.02.27

1年後がある!!

今年も3月(一部昨日あたりにって所もあるようですけど)に各鉄道会社は、恒例のダイヤ改正を行います。

まぁ、何と言っても今年位いい話が殆ど無いダイヤ改正もありませんよね。

減便、減便のオンパレード。ネットでそんなニュースを目にするたびに落ち込んでしまいます。

しかし、さらにその1年後。

距離はそんな大したことはありませんけど、超大型の新線開通が控えています!!

「東急・相鉄新横浜線」

東急線の日吉駅と相鉄線の西谷駅を結ぶ新線、通称「相鉄・東急直通線」が遂に来年の3月に開業することが決定しました!!

この路線の最大の目玉といえば…

「新横浜駅」

路線の途中にこの駅を通るということがポイント。この新横浜線に絡む路線が沢山ございまして、東急だと東横線に目黒線が絡みます。

その中の東横線がいま東京メトロの副都心線と直通、さらに副都心線は東武東上線とも繋がっています。

そう、わが地元と新横浜が一直線で結ばれるかもしれないという期待が…。

ただ、その新横浜線も東急目黒線と結ぶのがメインらしく、東横線直通が副都心線を通じて和光市まで行く電車が1日に何本走ってくれるかどうか分からない状況であります。

うちから新横浜まで1本で行けたら、乗り換え1つで名古屋に新大阪、岡山や広島や博多まで行けてしまうんですよ。

野球場だと、今年から「ベルーナドーム」に改称する西武ライオンズの本拠地球場(何だ、その表現)まで最短ルートで行くのに乗り換えが2回必要なのに、新横浜線が開通したら、広島のマツダスタジアム(広島駅が最寄り)まで行くのに乗り換え1回で済んでしまうんですよ!!

(そっか… こんな事が起こるから西武は新横浜線乗り入れを辞退したのか?)

こんな矛盾な状況が生まれてしまうかもしれない、「相鉄・東急直通線」。開通が待ち遠しいです。

 

2022.01.31

新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます!!

………もう、1月31日なんですけどね。

こんな調子で今年も行くんでしょうか?

月1回の更新。まだまだこのペースで進みそうですけど、なんとか消滅しないように頑張って続けていこうと思います。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします。

2021.12.31

さらば2021

いいことがあまりないような気がした今年。

来年こそ、本当に来年こそいい年となるよう祈るばかりです。

良いお年を。

2021.11.30

Wで敗れはしましたけど…

11月27日(土曜日)

この日、神戸市内では昼と夜にスポーツの試合が行われました。

どちらもテレビの全国中継が入るという注目の1戦でした。地元チームがどちらも勝ってほしかったのですが…

「昼の部」は、サッカーJ1・ヴィッセル神戸対横浜F・マリノス(ノエビアスタジアム神戸)

この試合にヴィッセルが勝てば、文句なくリーグ戦初の3位以内決定(来季のACL出場も決まる)。考えたくないけど、負けたとしても4位の名古屋が敗れても決まりという状況。でも、勝って決めたい。

しかし…マリノスは強かった。目下得点王の前田大然に先制点を決められる。その後もヴィッセルは反撃に出たいけど、なかなか決められず。後半も惜しいシュートも見られたけど、点が取れぬまま終盤に追加点を奪われて0-2の敗戦。全国地上波中継(北海道では札幌戦に替わっていたようですが。ミスターこと鈴井貴之氏がゲストで出てたそうで)を勝利で飾れず。

しかし… 名古屋が逆転負けの報が!

ヴィッセル神戸、初のリーグ戦3位&2年ぶりのACL出場決定!!

…敗れた上に眼下の敵も敗れての決定という、格好悪ぅ~という決まり方でしたけど。まぁ、リーグ戦の積み重ねで決まった事ですし、素直に喜びましょう。こんな強いシーズンでしたけど、一度も生観戦できなかったのは残念でしたね。

 

さて「夜の部」へ行きましょうか。

接戦続きで盛り上がった、プロ野球日本シリーズ・オリックスバファローズ対東京ヤクルトスワローズ(ほっともっとフィールド神戸)

王手をかけられた第5戦をなんとか制したオリックス。京セラドーム大阪が別のイベントで使われ(コロナ渦の影響で当初から1週間日程がズレた影響です)、6.7戦は準本拠地と化している神戸での開催となりました。

試合はまたまた接戦になり、1-1のまま延長戦に進むことになりました。9回141球を投げたオリックスの先発・山本由伸は1失点の好投が報われずに降板。その延長戦も12回までもつれる事に。時刻は夜10時半を過ぎ、球場のお客さんは帰りの電車を、テレビで見ている人は中継の後に放送される番組は2時間以上遅れて放送されるのか(したみたいだけどw)、各々心配するレベルに差し掛かってきました。

この回に点を取らないと勝ちがなくなって日本一お預けのヤクルト。2アウトから代打・川端がタイムリー!! 1点勝ち越し。

「こんな遅い時間に日本一決まるのか?」

まぁ、日本一決定に早い遅いも関係ございませんけど。12回裏を抑えてヤクルトが6年ぶりの日本一を達成いたしました!! おめでとう!!

選手たちが皆涙を流している。前年最下位からの栄光までにはいろんな事があったんでしょう。

オリックスもよく頑張りましたよ。2勝4敗とはいえ、その勝敗を感じさせない接戦の連続にみんなワクワクしましたもの。

ネットの一部で「日本シリーズのスコア合計」で遊んでる連中がいますけど、今回になぞらえたら「ヤクルト19-16オリックス」なんですね。

とても2勝4敗とは思えないスコア。これで笑ったら、うしろゆびさされ組ですよ(わかる人はわかると思います…)。

…と、いうわけで神戸ホームチーム2連敗でしたが、決して下を向くような結果では無いですからね。また来年もがんばりましょう!!(ヴィッセルはあともう1試合ありますけど)

2021.10.31

両リーグようやく優勝決定。そして、衝撃の監督人事が!?

阪神タイガースが優勝を逃してしまいました。

今年途中まで独走状態。このまま行けるのか? いや、まだ一波乱ありそうな…

一波乱どころか、ものすごい展開でしたよね。

五輪中断近くに巨人に猛追され、再開後に一旦首位を譲った所で「やはり巨人強い…」と思っていたところ。

その巨人がまさかの大失速。それならば、阪神行けるかと展開になれたのに…

ヤクルトですよ。前評判とは裏腹に(2年連続最下位でした)、なかなか落ちない。それどころか勢いを増している。

遂に首位を奪い、マジックを点灯させ、遂に優勝してしまうという!!

おめでとうございます! 山田と村上を中心とした打線が安定。オスナとサンタナという新外国人が大当たりというのも大きかったと思います。

投手陣も無理をさせない起用法でした。先発投手の登板間隔の長さがものをいってましたし(巨人がその逆で大失敗しての大失速…)。投手コーチの伊藤智仁が現役時代に実力がありながら、ケガに泣かされ若くして選手生命を終えなければならなかったという悲しい過去があったせいかもしれません。

まだ日本一の夢は残っています。クライマックスシリーズでは負けません。どんな戦いになるのか? 相手の巨人も不気味といえば不気味。

パリーグではオリックスが25年ぶりの優勝でしたね!!

ここも前年最下位。開幕当初はいつもの(?)位にいたのが、交流戦あたりから勝ちだして、その交流戦で優勝。久々にAクラスに上がるどころか首位に立って、パリーグをかき回す存在になりました。

山本・宮城を中心とした投手陣、吉田・杉本・T-岡田を中心とした打線が噛み合って、このまま行けるかと思いきや…

打線の中心の吉田がケガで離脱。その後ロッテに猛追され、マジックまで出される展開でどうなる事かと思いましたが…

全143試合戦った後に、優勝決定!! 本当に良かった。あの「がんばろう神戸」で仰木監督やイチローがいたあの時以来の悲願達成です。

ここまで来たら、是非「阪神対オリックス」の関西決戦の日本シリーズを実現させてもらいたい!!

プロ野球も両リーグ優勝も決まって、チームによっては監督も代わるところも出始めてますが、これは衝撃でした。

「日本ハム、新庄新監督就任決定!!」

何日前かにそんな記事が載ってて、また飛ばし記事かと思っていましたが、本当になってしまいました!!

引退して15年以上。コーチ等現場に立つことも評論家活動も殆どしていなかったという事実がある以上「大丈夫なの?」という不安は正直ぬぐえません。稲葉新GMを中心とした手厚いバックアップも相当にあると思います。この賭けがどう転じるのか?

「絶対大丈夫」

…なのか? この言葉、ヤクルトの高津監督が常に掲げていた言葉であるんですけど、他チームにも通じる?

2021.09.28

[2021ラジオ秋改編]真夜中の勢力図、遂に…

間もなく10月。テレビやラジオも改編の時期となりました。

ラジオもAMは昨日27日から秋冬編成に変わりました。しかし五輪の中断があった関係で、プロ野球は継続中(セパとも優勝はおろかマジックさえも出てませんものね)なために、プロ野球チームが地元にある局は一部を除いて野球中継を行いながら秋冬編成になるという変則的なものになりました(そういえば、開幕日が遅れた昨年もそうでしたね)。終了は、地元チームの全日程が終わる10月中旬から日本シリーズが終わる11月末まで様々ですね。

改編が大幅に変わる局が必ず1.2局出てくるものですが、今回は大阪のABCとMBSの2局がそれにあたるでしょう。両局とも野球中継(勿論、阪神タイガース中心!!)をやるので、当該時間帯が変わるのは当然として、今回はそれ以外の時間帯も大幅に変更になりますね。

特に夜。ABCは「ミュージックパラダイス」の復活、MBSは「ヤングタウン」の平日放送の復活が話題ですね。

関西は地元発の「Rock Kids 802」(FM802)が人気で、それを東京発の「スクール・オブ・ロック」(京阪神ではFM大阪とKiss FM KOBEが放送)や「レコメン」(京阪神ではラジオ関西とKBS京都が放送)、それに「オールナイトニッポンMUSIC10」(京阪神ではFM COCOLOが放送)が食い込んでいる状態。ABCやMBSも何とかしなけりゃ…と、かつての番組を復活させたのではと。

ただ、両番組ともDJの組み合わせが今風に変わった感じがします。前者は「男性局アナ+女性フリーアナ」の日替わり出演だったのが、今回はその組み合わせなのが月曜日だけで、あとの曜日は女子アナやアーティストが出演する形式になり、後者はかつては(今の週末版もそうですね)大勢の人が出演していたのが、そんなに人は出さないと変化が出てますね。

MBSラジオは他にも、朝から夕方までのワイド番組の終了・移動・短縮が相次ぎました。夕方は日替わりの番組が並ぶ編成になってますね(ABCのお昼や802の深夜と同じ手法)。それにしても、4回秋冬編成の時にあった「次は~新福島!」が今回無くなったのが残念です…。

続いては、深夜帯番組のネット局体系について。これに関しては過去何回かの改編から続いている事ではあります。

ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで放送されている「オールナイトニッポン」。以前は1部が終わる午前3時になると、2部をネットせずにTBSの「歌うヘッドライト」や文化放送の「走れ歌謡曲」に切り替わる局が大半を占め、2部のネット局は北海道(STV)・京都&滋賀(KBS)・福岡(KBC)など数局にとどまっていた時代がずっと続いていました。「歌うヘッドライト」も「走れ歌謡曲」もトラック会社のスポンサーが付いていた(オールナイト2部はそんなスポンサーは無い)ので、そういう移動が出てしまうのは当たり前の流れだったのですが…

「歌うヘッドライト」のスポンサーであるいすゞ自動車が提供を降りてしまい、程なく番組が終了しました。それから深夜3.4時台は数年単位で番組が変わっていきましたけど、ネット局が「オールナイトニッポン0(以下ANN0)」に鞍替えったのは2012年の東北放送位でした。

動きが出てきたのは昨年春の改編。TBSラジオは「Fine!」という番組を終了させて「City Cill Club(以下CCC)」という音楽番組をスタートさせたのですが…。

この時点で新潟放送がANN0に鞍替え。半年後に信越放送が北日本放送(「走れ歌謡曲」が文化放送以外の日野自動車のスポンサードを打ち切ったため)とともに鞍替え。

そして、今年春。青森放送・静岡放送・長崎放送の3局がANN0に鞍替え。

これでANN0は19局ネットに拡大されました(「走れ歌謡曲」終了に伴って参入した東海ラジオや放送休止帯から新規参入のラジオ沖縄を含めてます)。対してCCCは20局まで減少。僅か1局差まで迫られる格好になりました。

しかし、これは3時台だけの現象。4時を回るとCCCは福井放送を加えて21局に。4時半にANN0が終わって「上柳昌彦 あさぼらけ」になる時点でSTVラジオと東海ラジオが離脱するので17局に減るので、4時台に関してはTBSラジオはより優勢な状態でした。

でもこの秋に、歴史が変わったのです。

昨日から山梨放送・北陸放送・南日本放送の3局がCCCからANN0に鞍替えしたのです!

ANN0は22局まで拡大(後続の「あさぼらけ」はSTVと東海の離脱が継続されるので20局)。CCCは17局(4時台は福井の飛び乗りが継続されるので18局)と遂に3.4時台全ての時間帯で、TBSラジオはニッポン放送にネット局で逆転されるという歴史的な事が起こってしまったのです(ちょっとおおげさ?)。

ANN0が「2部」と呼ばれてネット局が1桁しかなく、「歌うヘッドライト」のエンディングのネット局の長い読み上げを知る者にとっては、何とも信じ難い事です。ANNブランド強しというものもあるでしょう。

最後に両系統の最新のネット状況を挙げて、〆たいと思います。

「City Cill Club」TBSラジオ(製作局)…北海道放送・IBC岩手放送・秋田放送・山形放送・ラジオ福島・CBCラジオ・福井放送(4:00~)・和歌山放送・RSK山陽放送・山陰放送・山口放送・四国放送・RKB毎日放送・熊本放送・大分放送・宮崎放送・RBCiラジオ→以上18局ネット

「オールナイトニッポン0」+「上柳昌彦 あさぼらけ」ニッポン放送(製作局)…STVラジオ※・青森放送・東北放送・LuckyFM茨城放送・栃木放送・新潟放送・信越放送・山梨放送・静岡放送・東海ラジオ※・北日本放送・北陸放送・KBS京都・ラジオ関西・西日本放送・南海放送・高知放送・九州朝日放送・長崎放送・南日本放送・ラジオ沖縄→以上22局ネット ※…「あさぼらけ」未ネット

2021.08.23

18年目!!

そうなんです。

このブログも18年目に突入いたしました!!

18年前は2004年。ちょうどアテネオリンピックをやっていた時期ですね。

そして今年。なんとか東京オリンピックができましたよ!!

なんやかんや言われながら、メダルもたくさん獲れましたし、大会自体も盛り上がることができたと思います。

今度はパラリンピックが行われます。色んな事があるかもしれませんけど、五輪同様の盛り上がりを見せてほしいものです。

まぁ、五輪以外でも色々ございますね。

そうそう。コロナのワクチンを打ってまいりました。もう2回目まで終わっています。副作用がきついと言われているモデルナのワクチンを打ったので、副作用の事は気になっておりました。

1回目が7月16日。副作用諸々はそんなに問題無かったんですけど…。

2回目の8月13日。朝9時過ぎに打って、それから仕事。ちょっとだるさもありましたけど、仕事に支障のないレベルだったので、定時を少し超える夕方6時過ぎまで仕事をやっておりました。

この日は雨も降って気温も低い一日でした。帰りの電車の冷房がやけに寒く感じ、最寄駅から家までの道程もやはり寒さが。体のだるさもひどくなってきました。晩ご飯は何とか食べられましたけど、その後はずっと寝っぱなし。

翌日も体のだるさは抜けず、一日中寝ておりました。

さらにその次の日。だるさもかなり収まってきました。ただ寝すぎて腰が痛かったかなぁ…と。夕方からは買い物に出かけるために車を運転する位に回復していました。

摂取が金曜日でよかったです。他の曜日だったら、仕事を休むところでしたし。ウイルスに対する免疫ができるのが2回目の接種から2週間後とも言われています。8月27日にそうなる予定ですけど、今まで通りの感染対策は継続しなければ。それができない馬鹿どもがあっちこっちにいるものでね…。こういうのを駆逐しないと終息はまだまだな気がします。

2021.07.26

五輪、始まりました!!

まずは、訂正を。

前回、東京オリンピックの開会式を「7月22日」と書いてしまいましたけど、正しくは「7月23日」となります。

お詫びして、訂正いたします。

…っていうのは、どうでもよくて、とにかく開幕にこぎ着けましたよ!! このブログ立ち上げて4度目の夏のオリンピックです。

開会式もあーだこーだ言われましたけど、各国の入場行進や聖火点灯が見られただけでも、本当に良かったと思います。

肝心の競技のほうも、金メダルが既に4つも出て、いいスタートといえるでしょう。

まだ「やめろ」とか「中断しろ」とか言ってる連中がいるのには、ビックリですけどね。

ここまで粘着すぎるのも、凄いと思うんですけど、まさかパラリンピックの閉幕が過ぎても(9月7日)言ってるとか?

台風接近なんていう新たな敵がやってきそうです。反対派・コロナ・台風と、他の国よりもこちらのほうが余程敵に見えるような…。

最後まで楽しみましょうよ。明日以降も期待しています。

«五輪、不安

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

でー・ぶい・でー

てんきよほー

瞬!ワード