フォト

ついった

  • ついった

阪急電車

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018.04.30

過去最大!?

新年度となる4月ももう終わりを迎え、ゴールデンウイークに突入しているという時期となりました。
テレビやラジオも改編の時期を越えて、もう落ち着くかと思います。

わたくし的には、ラジオのほうで過去最大級の変わりような気がしてなりません。まぁ、なにせ「大都市圏FM局」「プロ野球中継」という得意分野が関わってますもので。

昔だったら、いち早くこのブログに書き込んで色んな事を語るという事が出来ていたはずですけど…

あまりの変わりように、どう書いていいのか分からないのと、仕事や日常の生活なんかもかなり忙しく過ごしてしまっているのも重なって、どうしても頭の整理がつかない状態にあります。

それでも、ラジオは聴いていますけど。

では、何がどう変わったかといいますと!

①FM802とZIP-FMの大改編

radikoプレミアムができてからというものの、よく聴くラジオ局はこの2つ。この2局が4月から大改編をしてしまったんです。

で、この2局の改編での大きな特徴は、新しく加わったDJもしくは局を去るDJが殆どいないという事。802で1人去って、ZIPで1人加わり1人去った位で、新番組を担当するDJは、3月まで違う時間帯でしゃべっていた人が大半。夜の番組をやってた人が朝の番組に変わる、金曜午後の番組を担当していた人が月~木の夕方に移動するなど、人事異動さながらの改編なんですね。今までと違う時間にその人の声を聴くというのに慣れなければいけないということになっちゃうと。仕事の関係で今まで聴けてたDJさんが聴けなくなるという事も発生しちゃっていますし。

他のリスナーさんもそうかも知れませんけど、1日1週間のリズムがかなり変わってしまうんですよね。活性化を図るのもわかりますけど、もっと小幅にできなかったかと。両局とも調子いいはずなのにね。ZIPはジングル類も変わってしまって、これも慣れていかねばと…。

②TBSラジオ、ナイター中継撤退の余波

これは本当に大ニュースでしたよね。TBSはこれでよかったと思いますけど、大迷惑なのがJRN系列の他のラジオ局。関東方面の試合の中継は「裏送り」としてTBSに頼んでいたのもほぼ消滅。
北海道のHBCと福岡のRKBは代わりに文化放送に頼んで「裏送り」をやってもらうことを選択しました。北海道や福岡では一部カードで「文化放送同士」の対決になることに。まぁ、これは楽天戦で「東北放送同士の対決」がよくあるので、慣れてる(?)か。
大阪のABCラジオも阪神戦中継が雨で流れた時に放送する予備中継も、自社製作のオリックス戦位にとどめ、それがなければABCのスタジオから雨傘番組を流す事にしました。実際、4/17と4/24は阪神戦が雨天中止になってしまい、早速立て続けに実行されましたし(苦笑)。

火曜日はTBSをキー局にJRN系担当となってたんですけど、プロ野球のチームの無いエリアの系列局は対応が大きく2つに分かれました。

ナイター中継を継続する局。九州方面は前からRKB製作の「エキサイトホークス」を、長崎&佐賀NBC・熊本RKK・大分OBSへ火曜はブロックネットして放送されましたが、これを強化する形として山口KRYにも、さらにソフトバンクのホーム戦はネットしてた鹿児島MBCもホームビジター関係なく放送される事となりました。
静岡のSBSは、NRN系(ニッポン放送)に鞍替え。これで「ニッポン放送ショウアップナイター」の火曜日は、中継カードによっては関東・静岡の2局ネット体制も出てくるようになりました。

JRN地方局の火曜ナイター中継の継続はこの位で、他の局は、TBSと同時ネットもしくは自社製作の番組を新規に立ち上げたり、既存の番組を拡大するという局が大半を占める事となりました。香川RNCの「ラジオスローリー」のように、TBSラジオの爆笑問題の番組で取り上げられて話題になる番組もあり、違ったところで活性化されつつある所も出てきつつあるので、今後のこの展開は注目であります。

以上、ざっと改編のポイントを乱雑に解説してまいりました。他にもおめでたい話題や悲しい話題もあって、全体的に大波乱だった今年の春のラジオでしたけど、TOKYO FM(JFN系)の日曜の黄昏時に放送している「安部礼司」も、あの刈谷勇が渡米してしまうという展開に。来月から(基本設定は変わり無いというけど)大きく変わるこの番組もどうなることやら…。この春の大改編騒動。ゴールデンウイークになってもまだまだ終わらない!!

2018.03.31

2年ぶり3回目の…

年度末を迎え、季節はもう春。桜満開ですよね~。

3月の下旬の定番ということで、今年もフルマラソンやっちゃいました!!

定番といっても、まだ3回目なんですけどね。しかも、昨年は直前に足を故障してしまったせいで無念の欠場… 本当に悔しいったらありゃしませんでしたよ。

今年はそんなケガもせずに、無事に参加することができたのですが…

長年走り続けたせいかもしれませんが、大会1ヶ月前から足の各所に違和感や痛みが出るようになってしまって、思うように速く走れない日々が続いていました。

なんとか、4時間以内で走れるタイムで走れていましたが「もしかして、4時間切れないかも…」という不安がつきまとう毎日でした。過去2回と比べても、走行距離や時間や回数も少なかったですし。

そして大会当日である3月18日。前日は家に篭って完全休養を取って臨んだ2年ぶり3回目のフルマラソンに挑戦しました。

前半はなんとか4時間切るペースで走ることが出来ておりました。途中、靴紐がほどけるというアクシデントもありましたけど、影響は最小限にとどめられました。

30kmあたりから、足の痛みや違和感が度々出るようになってしまい、ペースも徐々に落ち気味に。それでも、足に負担をかけないために過去2回やってた「前半思いっきり飛ばす」ということをやらなかったおかげで、辛くなる状況はそんなに無かったですね。残りの距離が少なくなって、もう終わりに近づくのが惜しいくらいになる事もありましたし。

ゴール近くになって、多少の焦りが。号砲から4時間になるまであと数分という時間に。
ゴールが近づいて、ゲート脇にあった時計を見ると「3:59:00」。もう、最後の力を振り絞りましたよ。結果、正式タイム(号砲が鳴ってからの記録)が3:59:27というギリギリのものになりました。実際走った記録は3:55:17でしたけど、2年前と比べると約10分も記録をダウンさせてしまうという結果となりました。

とはいえ、3回連続の「サブ4」という目標は達成できたわけで。一応胸を張ってここで報告することが出来ました。今後は足のケアなどを念入りにやって、この記録をずっと維持していければと思います。

2018.02.26

輝く!?2018らんぶろ映画大賞

今年もやってしまいます!

「輝く!?2018らんぶろ映画大賞」

「年末年始のテレビは、映画がやたら多く放送されてるよなぁ…」と、毎年思っておりまして。特に深夜なんか殆どオールナイトで。(最近は東京キー局は深夜までバラエティやってるので頻度は少なくなりましたが)

そこに目をつけた企画。今回で14回目になりました。

私はかなりの「映画音痴」。俳優の名前等は分かるのですが、映画館に行って映画を見に行くという習慣がまるでないくらい興味が無いのです。そこを頭に入れてこれから発表するランキングをご覧いただければと思います。

2017年12月29日の午前5時から2018年1月4日午前5時までに日本にある127社128局ある地上波民放(※TOKYO MXは1と2を分けてランクイン)で放送された映画について集計したものです。アニメ・特撮も含みます。海外TVドラマは対象外です。部門はたったの2つ^^;

●最多オンエア放送作品賞

…今回はこの作品でした!

「ミッションインポッシブル2(M:I-2)」

13局でオンエアされてます。2000年の作品。「ミッションインポッシブルシリーズ」を1から3まで連続して放送する局が多かったんですけど、調査期間中にオンエア数が多かったのが第2弾だったという…。

なお、この最多オンエア作品には全国同時ネットでオンエアされた「君の名は。」(テレ朝系24局/1月3日放送)は敢えて外させていただきました。…けど、大ヒット作ゆえに、今回の「最多オンエア放送局賞」のランキングに多少の異変を起こすという事態になっております。

●最多オンエア放送局賞

全国127社128局のうち、この年末年始の間でもっとも映画を放送した局は…

tvk(独立局)でした!!

総数15作品1675分!! 堂々初の1位です!! 遂にこの映画大賞にも「\横浜優勝/」のフレーズを使うことになろうとは(苦笑)。

・2位がTOKYO MX2(独立局/13作品1460分)。連続Vならず。前回2位のTOKYO MX1も今回は5位でした(10作品1095分)。

・3位はKBS京都(独立局/11作品1250分)。2回連続3位、5回連続トップ3であります。

・4位はテレビ大阪(テレ東系/10作品1165分)。昨年より3ランクアップ。この局も安定しております。12回連続トップ10入りです。

・6位のテレビ北海道(9作品1035分)は14回連続トップ10入り。初回からずっとトップ10入りをしているのは、この局だけです。キー局のテレ東さんも8位にランクイン。8作品873分で6回ぶりのトップ10入りです。

・7位は初のトップ10入り。KKB鹿児島放送(テレ朝系/8作品967分)!!

先ほど触れた「『君の名は。』がこのランキングに異変を起こすという事態…」は、この鹿児島放送の大躍進がその一つ。テレ朝系の放送局は、この映画大賞に関しては苦戦する傾向が多いのですが、今回この「君の名は。」の放映にあたって、テレ朝が新海誠監督の作品数本を事前にオンエアするということで、それをネットした局が分数を稼いでランクを伸ばした局が沢山ありました。前回テレ朝系局はトップ30に3局しかランクインしなかったのに、今回は3倍の9局に増加しております。テレ朝(27位)やABC(29位)もその中に入っています。
鹿児島放送のように上位に入った局は、まず新海作品5本を全部放送した上で、それ以外の映画を調査期間6日間により多く放送した結果とも言えます。10位の北海道テレビ(6回ぶりのトップ10/7作品775分)や13位の秋田朝日放送(初のトップ20入り/7作品742分)もそうですね。
ちなみに、鹿児島放送はテレ朝系局では北海道テレビに続いて2局目のトップ10入り。14年で2局しか入ってないというのが、テレ朝系が苦戦している証とも言えます。

・9位は3年連続なんとかトップ10入りの広島テレビ(日テレ系/7作品787分)。なかなかの粘り腰。

・また、集計期間中オンエアゼロの局ですが、今回は12局ありました。TBSやフジテレビ、大阪の読売テレビや北海道放送といった所が入っています。

以上今年も映画音痴が集計・発表した映画大賞でした。もちろん来年もやる予定(^^) 「\横浜優勝/」やテレ朝系の躍進は続くのか? 次回も目が離せない!(爆)

2018.02.25

Jリーグ順位予想2018[J2編]

Jリーグの順位予想。続いて本日開幕のJ2。

こちらも前回のJ1と一緒で、順位をはっきりと付けずに3つのグループで分けて、「このチームはこの位のランク」という風に予想して行きます(毎年恒例)。ちょっとアバウトな視点になりますけど。

昨年は…

Aグループ…☆湘南(1)、松本(8)、☆□名古屋(3)、□福岡(4)

Bグループ…山形(11)、横浜FC(10)、町田(16)、岡山(13)

Cグループ…□千葉(6)、京都(12)、山口(20)、愛媛(15)

Dグループ…徳島(7)、☆長崎(2)、熊本(21)、大分(9)

Eグループ…水戸(14)、□東京V(5)、讃岐(19)

Fグループ…▼群馬(22)、金沢(17)、岐阜(18)

※カッコ内数字は昨年の順位。

☆はJ1昇格、□はプレーオフ出場有り(昇格降格共に)。▼はJ3降格。

…でした。Aグループはまぁまぁとして、その下のBグループを予想した4チームの体たらくさといったら… 3年連続で同じ状態だったりします(文章も含めて)。CやDなんて昇格チームかプレーオフ進出チームと下位低迷チームが同居してますし…。

今年の順位予想のほうは…(チームの序列は、東→西へ)

Aグループ…千葉、新潟、甲府、徳島

Bグループ…大宮、東京V、松本、福岡

Cグループ…横浜FC、岡山、愛媛、大分

Dグループ…山形、町田、岐阜、京都

Eグループ…水戸、山口、讃岐

Fグループ…栃木、金沢、熊本

今年もグループを6つに細分化。まぁ、Aグループが「昇格」を争うチームということでいいと思います。

悩んだ末の予想です。これをさらに1位~22位なんて… 頭が爆発しそうですわ。

あと…Aグループの徳島。これは奮起の意味も込めて。昨年7位で終わってしまった悔しさもあります。そして、あの人に向けて年末に最高の報告が出来るようにと…。


大杉漣さんのご冥福をお祈りいたします。

2018.02.23

Jリーグ順位予想2018[J1編]

いよいよ本日からJリーグ開幕です。3年連続2月開幕。2月の夜8時からのナイター開幕ってなんなんでしょう!? 
まだ冬のオリンピックやってるんですよ。プロ野球のオープン戦より早く始まるんですから(爆)。

恒例と化している「順位予想」を今年もやります。まずは本日開始のJ1から。


私独自でですが、Jリーグの場合は順位をはっきりと付けずにいくつかのグループで分けて、「このチームはこの位のランク」という風に予想して行きます。ちょっとアバウトな視点になりますけど。


昨年は…


[昨年のJ1予想]※カッコ内数字は昨年の順位


Aグループ…鹿島(2)、浦和(7)、川崎(1)、G大阪(10)、神戸(9)、広島(15)

Bグループ…大宮(18)、柏(4)、FC東京(13)、横浜FM(5)、磐田(6)、鳥栖(8)

Cグループ…札幌(11)、仙台(12)、新潟(17)、甲府(16)、清水(14)、C大阪(3)


悲願の初優勝を達成した川崎、惜しくも優勝を逃した鹿島は当然の位置に収まりましたけど、あとのチームはどうしたの?という状態。(浦和はACL取ったけど)
Bグループのほうが…と思ったけど、大外しの所もあるしなぁ。
Cグループ。健闘した札幌。大大大健闘のC大阪(ルヴァン杯と天皇杯取ったし)はここまでやるとはマジ卍予想できなかった(汗。


では、今年の予想いってみましょう。(チームの序列は東→西へ)


Aグループ…鹿島、柏、浦和、川崎、磐田、C大阪

Bグループ…札幌、FC東京、横浜FM、名古屋、G大阪、神戸

Cグループ…仙台、清水、湘南、広島、鳥栖、長崎


今回はこんな感じで。

今年はどのチームが大外しに貢献してくれるか、非常に楽しみであります。特に初昇格の長崎がどこまで踏ん張るか注目であります。

そして、ヴィッセル神戸。ケガ人を出さなければそこそこ行けるとは思うのですけど… ポドルスキやレアンドロを初めとした攻撃陣に期待しています。吉田孝行監督にとっては試練の1年になると思いますけど、チームも自分自身も成長して実りある1年にもしてほしいものです。早速今晩にもう試合が行なわれてしまいますけど、始めが肝心。しっかり勝って欲しい!

今晩8時キックオフですか。ほぼ同時間帯に、カーリングあるんだよなぁ…。

2018.01.30

遅くなりましたが2018

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

1月30日にこんな挨拶をしてしまっていいのかどうかと思うのですが(苦笑)。

昨年の新年の挨拶が1月31日だったので、1日だけ進歩したと…。

今年も更新頻度は低くなってしまいそうですけど、なんとか維持していければと思います。

2017.12.31

今年もお世話になりました…?

今年もそんなに更新していないので、お世話も何もありませんですけどね(汗

なんといっても、昨年この時期の挨拶を忘れてしまいまして、なんとしてでもこの大晦日のご挨拶はしなければと1年間思い続け、この日を迎えました。

よかった。更新できそうです。では、皆様よいお年を!!

2017.11.30

2017新語流行語チェック

今年もあと1ヶ月。先日発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」でノミネートされた言葉を、自分がどの位知っているかコメント付きでチェックしたいと思います。これも毎年恒例になりつつありますね。

×アウフヘーベン→いきなりわからんものが(汗

○インスタ映え→自分もインスタやってますけど、インスタ映えする写真を撮っている自信がございません…。

×うつヌケ→これもわからん。

○うんこ漢字ドリル→小学生に絶大人気だったようで。

○炎上○○→SNSの発言には気をつけねば。

○AIスピーカー→こういう技術の進歩はこの先どんな展開を見せていくのでしょうか?

○9.98(10秒の壁)→記録を出した桐生君をはじめ、若い短距離の選手に期待!

○共謀罪→下手すれば自分にも影響が出るものなのか?

○GINZA SIX→自分には縁が無さそうなお店である(苦笑)。

○空前絶後の→芸人枠。サンシャイン池崎ですよね。

○けものフレンズ→企業のコラボとか、なんか盛り上がってますよね。

○35億→ブルゾンちえみ。1年前の今頃は全然知らん存在だったのが、今その姿を見ない日が無いほどに。

○Jアラート→その音を聞くことがない事を祈るばかりです。

○人生100年時代→100歳まで生きたいですよね。

○睡眠負債→自分、かなり溜まってる気が…。

×線状降水帯→大雨に関する言葉でしょうか?

○忖度(そんたく)→今年、マスコミが好き放題使ってた言葉。

○ちーがーうーだーろー!→わが地元選出の国会議員がこんな事で有名になってしまうとは…。

×刀剣乱舞→刀持って暴れるんですか?(絶対違う)

○働き方改革→自分自身の働き方も変えないと…と、常日頃思っております。

×ハンドスピナー→これ、何でしたっけ?

○ひふみん→タレントとしても大活躍。棋士としては「お疲れ様でした!」ですよね。

○フェイクニュース→真実を知りたいんだよ!!

○藤井フィーバー→マスコミが将棋の内容よりも食事のほうを注目するのが笑えたわ。

○プレミアムフライデー→私の場合、仕事が早く終わるどころか逆に遅くなることのほうが遅いんですけどね>最終金曜日

×ポスト真実→どこの真実ちゃん?(爆)。

○魔の2回生→議員になると、どうして不祥事を起こしてしまうのだろう? 普通にできないのか?

○ ○○ファースト→「都民」の他にも、いろんなファーストが出てきましたよね。阪神タイガースも今年はいろんな選手がファーストを守ってましたけど(関係ねぇ)。

○ユーチューバー→今ホントにモテモテの存在ですよね。「憧れの職業」の上位にはいる位ですし。

×ワンオペ育児→育児も牛丼屋の店員のようになっちゃったんですか?(違

以上。わかんないものは7つ。昨年より3つ増えてしまいました。明日12月1日はどの言葉が大賞になりますか。この日はサッカーW杯の組み合わせ抽選もあって、そっちに注目が集まりそうな気が…。

2017.10.30

四国へ行ってきた

2003年のゴールデンウイーク以来ですよ。四国行くの。
10月8日。出来るだけ早く安く行ける方法として、昨年の北海道の旅行に続いて使ったのはLCC。

朝出る高松行きの飛行機はここからになっちゃうんですよね…。

成田空港!!
2017102

成田から高松空港までは約1時間20分。あっという間。
高松空港は市街地から結構離れているので、バス移動。

2017101

素敵なデザインの建物になってる高松駅。ここから鉄道移動… いや、ここから私鉄の琴電に乗って志度まで。琴電志度線は未乗区間だったので、乗りつぶすということで。志度からはJRでの移動で徳島へ。これも未乗区間だった鳴門線も乗りつぶして、徳島に戻って徳島線で阿波池田へ。乗り換えて土讃線で高知まで行き、1泊。

10月9日。高知から特急「しまんと」で窪川へ。乗換えて、こんな列車に乗りました。

2017104

四国新幹線!!

…ってゆーか、新幹線スタイルのディーゼルカーです。車内は殆ど通勤電車にあるロングシートで。実際の新幹線とはかけ離れてる状態。ただ、新幹線に使われていた座席が1ボックス分ありましたけどね。

横から見た四国新幹線も。

2017103

それで宇和島まで行き、伊予大洲までは特急利用。そこからは「愛ある伊予灘線」という予讃線の別名になる区間の普通列車に乗車。この伊予灘線の区間に乗って、JR四国全線走破達成しました。
途中の下灘駅から見る車窓が非常に美しいという話はよく聞いておりましたけど…

2017105

本当でした。この日は松山を経て高松まで行き、1泊。

10月10日。朝一番で高松市内をジョギングしてきました。一人旅の途中でジョギングをするのは初めて。天気も良く、違う気分で走ることが出来ました。
それから、ホテルを出て高松駅から快速マリンライナーで四国を出て岡山へ。
駆け足の四国一周になりましたけど、お天気にも恵まれて(暑すぎたかも…)大変良いものになりました。


2017.09.30

TBS、ラジオのナイターやめちゃうって!?

TBSラジオ、プロ野球中継撤退「年内めど」に結論

今月半ばに飛び込んできた、衝撃のニュース。週末のレギュラー中継はだいぶ前に撤退はしていましたけど、完全撤退には驚きです。
しかし、JRN系列のキー局という重大なポジションに立っているこの局の完全撤退には、問題点や疑問が相当あります。

関東以外の基幹各局は、今でも地元球団の中継が重要なコンテンツになっています。週末も地元の球団の試合の中継は、一部の例外を除いてちゃんと中継しています。
完全に自社製作でいければいいのですが、費用もかかってしまうので、関東エリアの試合(例:DeNA対中日、日本ハム対ロッテ)はTBSにお願いして解説者や実況アナウンサーを用意してもらっているので、「TBSラジオ製作のプロ野球実況」というのは、関東エリア以外の場所では来年以降も続けられると思います。
巨人主催試合は、昨年から提携しているRFラジオ日本をキー局に立てて、全国ネットなり関東(他数地区)+対戦相手の地元局に向けて放送する形にするのかと。RFとの提携も、撤退の布石だったと言われると納得する部分もあります。火曜日のJRN系全国ネットのナイター中継も巨人主催の中継はRFから、DeNA主催の試合はTBSが裏送り(TBSでは放送はしないけど製作して全国に送る)でもするんでしょうか。

これを機にヤクルト球団も、JRN系各局に中継権を持たせてもいいかもしれませんね。CBC.HBC.RKBは地元球団のヤクルト主催の試合が中継できないというのが、ずっとつづいていますから。

この件に関しては色々と語ることも多いので、また後日にでも書いていこうと思います。

«14年目

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

でー・ぶい・でー

てんきよほー

瞬!ワード