フォト

ついった


阪急電車

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2020.07.27

夏が始まりません…

7月もあと少しでおしまいですけど。

梅雨明けがまだまだ先の話というような、不安定な天気が続いています。

この週末は「本当ならオリンピックの開幕だったはずの4連休」。

本当に雨に泣かされた4日間でした。

走るにしても、天気予報や雨雲レーダーとのにらめっこが続きました。

なんとか時間をやりくりして4日間全部走ることができました。特に最終日の26日。

にわか雨だかなんだかわからないような雨。しかし、走ろうとした瞬間に晴れてきたんですよ。

結構長い時間走りましたけど、雨に降られずにフィニッシュ。なんと運のいいことか。

初日の23日も夕方までずっと雨だったのが、日も暮れる夕方6時に止んで、走ることができましたし。

まぁ、そんな位で済んでいるのがまだいいほうなのかもしれません。

九州の大雨の災害で大きな被害に遭っている方々は、本当に大変だと思います。

お見舞い申し上げます。

梅雨が明けて夏が来ても、今年は試練続きになりそうです。台風が来ないのが奇跡ではありますけど…。

2020.06.29

閉局2題。あまりに対照的すぎる…

2010年6月16日の当ブログでこんな記事を書きました。

 http://hiru-q-k.air-nifty.com/hirok/2010/06/post-64aa.html

「閉局!?」というタイトルで。名古屋に本社があった東海地方向けの外国語FM局「Radio-i」が2010年9月一杯で閉局するというニュースがあったことについて書いたものなんですけどね。

「こんなことはもう1度だけにしてほしい。」とこの記事を〆たんですけど…。

それから約10年後、悲劇がまた起こってしまったのです。しかも2つも。

「Radio-i」の後継としてという位置づけで(周波数やコールサインは継承されている)、6年前に開局した「Radio NEO」。

東京のINTER-FMの名古屋局として出発したこの局、2年後に独立した放送局となったんですけど、知名度や電波出力が他局と比べて弱いなどでかなりの苦戦を強いられていたようです。地元の若手芸人やタレントを起用した番組は評判も良かったようでしたが、昨年末にその人たちの番組がごっそり打ち切りに。後継番組が殆どInter-FM制作の番組になった事(その後、自社制作番組がほぼ無しに)から「ちょっと、この局ヤバいかも…」と思いました。

予感は的中。ここの閉局にはそういう事情もあるせいか、あまり感情も起こらないです。悪いけど。

閉局となる6月30日も正午に放送終了予定とかで。東京ネットの通販番組が最後の番組になるみたいで、最後にしては余りに寂しすぎると思います。お昼なんで、仕事中に聴いてる人もいるでしょうに。いきなりお昼に電波止まるってなかなか無い体験ですよ…。悲しい。

もう一つが、新潟県にあるFM局「FM PORT」

2000年の12月に新潟県2つ目の民放FM局として開局。最初「新潟にもう一つFM!?」と驚いたものです。殆ど自社制作の独立局。番組作りには苦労もあったと思います。

新潟には「アルビレックス」と名乗るスポーツチームがたくさんあります。一番有名なのがサッカーの「アルビレックス新潟」。FM PORTはアルビ戦中継に力を入れていました。radikoプレミアムができてから、FM PORTで放送される「新潟×神戸」戦を何度か聴いたことがあります。もうあのアルビびいきの実況が聴けないのが残念ですね。6/27にJ2が再開されましたけど、PORTさん的には新潟のホーム戦を組んでほしかった(実際はアウェイ甲府戦)。閉局3日前に「最後の中継」をやりたかったでしょうに。

自分にとってFM PORTの事が書けるのは、残念ながらこの位。地元のリスナーさんが閉局しないでと懇願しても、スポンサー不足で業績が伸びないという事情で無くなってしまうのは、悲劇としか言いようが無いです。平日朝夜や土日に地元発信をする貴重な存在だっただけに、リスナーさんたちの落胆も想像以上だと思います。

FM PORTさんは閉局となる6/30一杯まで生放送をオンエアするそうです。20年足らずの短い期間ではありましたけど、地元のリスナーさんに向けて楽しい放送を送って欲しいと思います。DJや関係者の方々、本当にお疲れ様でした。

2つのラジオ局の閉局。あまりに対照すぎる。

こんなことは… 今のラジオの状況を考えるとまた起こってしまうのか? でも、なんとか頑張って起こさないでほしい。

…と、願うばかり。

2020.05.31

元に戻れるか?

基本1か月に1回、月末に書き込みをしているのですが、「新型コロナウイルス」の影響がこの1か月間でどんなふうに変わって行ったか、ここでわかるかと思います。

先日、「緊急事態宣言」が完全に解除されましたけど、ウイルスが完全に無くなったわけでもなく、ワクチンもまだできない状態。いろんなものが制限される状態が引き続き行われていますね。

残念なのが、夏の高校野球が中止になったこと。まだ何か月もあるのに…とも思いますけど、この間に世の中の状況がどう転ぶか分からないですから。悪いほうを考えると仕方ないことでしょうか?

開幕が延期になっているプロ野球、中断や開幕延期の状態のJリーグ。どちらも近日の開催が発表されました。制約はあるものの、試合が行われるだけでも大きな一歩だと思います。プロ野球の場合、会社帰りに聴くナイター中継が無いのが本当に寂しいですから。

あと、テレビ番組。特にドラマ。新作が撮影ストップしてしまっている状態で放送できなくなってしまい、昔のドラマの再放送がゴールデンタイムに連日放送されているという珍しい事も。これはこれで面白い(俳優さんの昔の映像が見られるとか)ですけどね。

あらゆるものがイレギュラーになってしまっている世の中です。元に戻れる日はやってくるのでしょうか?

「もう、元に戻れない。コロナと付き合って生きていくしかない」なんて声もあります。まぁ、当分はそんな生活になるのも仕方ないと思います。しかし、なんとか元に戻れる事を願いながら日々コロナと戦い続けていかねば…と思うんですけどね。

2020.04.29

緊急事態宣言

このブログ15年以上経ちますけど、こんなタイトル出すの当然初めてであります。

こんなものが出てしまった以上、私の生活も変わってしまいました。

ビルのオフィス内で販売職をやってるんですけど、そのオフィス内が殆ど「テレワーク」をやってしまったせいで、売上激減…

3月までとても業績が良かっただけに、この事態は本当に痛いです。早く解除してもらわないと…とは思うのですが、難しい。

勤務時間も基本から繰り上がって夕方4時まで。でも全然うれしくない。

習慣にしている皇居のジョギング。これもランニングステーションは殆ど休業。銭湯も営業日を縮小している状態。これでは走れない。

なので、勤務時間も短縮というのも利用して、日没前の時間から地元で走る日々。

いつまで続くんだろう。こんな状態続いてほしくない。みんな言うこと聞いてくれ。グダグダ言うのやめてくれ。もう嫌だ。

2020.03.30

苦難は続くのでした…。

「新型コロナウイルス」の影響が止まりません。

プロ野球の開幕延期、Jリーグの中断等々、スポーツ関連がストップしたまま。週末にスポーツ中継が無いのがこんなに寂しいものかと。

音楽業界もライブの中止や延期のオンパレード。ラジオでその告知が1日に何度も流れるのが、はっきり言って苦痛です。

自分自身では、前回話した通りに参加する予定だった「板橋シティマラソン」の中止が挙げられますけど、それ以外にこれまで直接影響は出てません。

しかし、勤め先のビルで1人でも感染者が出てしまうと、そのビルが何日か閉鎖されるという決まりがあるので、結構紙一重の状態で働いている状態ではあります。

1日1日気を付けながら生活をしているわけなんですけど、何かの拍子で自分にも感染してしまう可能性も無きにしも非ずなので、この先どうなるのかと。ここ何日かの東京での感染者の激増を見ると、そう思ってしまうわけで。

今週末。特に遠出もしてない週末に土日ともジョギングをしませんでした。まぁ、これは両日ともに悪天候だったせいでもありますけど、これって「自粛の要請が出てるのにむやみに外に出るな」という、天からの命令だったのかも知れないなんて思ったりと。

この先、日本は世界はどうなってしまうのかと。一つになって食い止められないのかと思いますけど、日本があっちこっちでゴタゴタしてる状態。いい加減にしてくれと思う事もあります。本当になんとか一つになって、終息を実現してほしいものです。

2020.02.29

「中止」だらけ。もううんざり…

2月29日になりました。

4年に1度のこの日。このブログ的には4回目になります。

しかしまぁ、こんな形でこの日を迎える事になるとは思いませんでした。

「新型コロナウイルス」

こいつが蔓延してしまったおかげで、誰かが最低でも1度は何かで迷惑を被っている状態。

私の場合は何といっても、毎年参加するようになった「板橋Cityマラソン」の中止でしょう。

このマラソンの2週間前に行われる(つまり明日)、東京マラソンの一般参加の中止から始まった全国の殆どのマラソン大会の中止ラッシュに巻き込まれてしまった格好となりました。

その他にも、あらゆるイベントが中止や延期が続出。もう、いやになる位に「中止」の文字が溢れかえるのが当たり前になってしまいましたね。

このウイルスを食い止めるのであれば、仕方がない。でも、それによって世の中が本当にギスギスした状態になってしまってるのが悲しいですね。

私たちは今、出口の見えない戦いを強いられています。前向きにできないかもしれませんけど、何とか乗り切っていければと思います。

オリンピックもやりたいですよね。少しでもいい方向に向かってほしいと願うばかりです。

2020.01.28

新年の挨拶+悲願達成+年末プチ旅行記

新年あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします!!

…もう28日も経ってるんですけど(汗

またまた1年の始動がこんなに遅くなってしまいました。

なので、この事をここでお伝えするのも、かなーり遅くなってしまうという…。

そう。

\(^o^)/祝!! ヴィッセル神戸、天皇杯初優勝\(^o^)/

念願のタイトルを、あの新国立競技場で掴みました!!

25年間細々と応援した甲斐がありました。タイトルをなかなか取れずに馬鹿にされる事も、もう無いわけですし。

残念だったのは、チケットが取れずに生でその瞬間に立ち会うことができなかった事。

まぁ、テレビでちゃんと見ておりましたけど。後半40分を超えた位でも(この時点で2-0でリードしていた)「相手は鹿島。いつ追いつかれてもおかしくない」とネガティブ思考になっておりました。初めてもう大丈夫と思ったのは、アディショナルタイムもあと1分位の時(爆)。

実は、優勝の瞬間を生で見ることはかなわないませんでしたが、「決勝進出の瞬間」は生で見届けることができました。

毎年、年末に名古屋で行われる仲間内の忘年会に参加しているんですけど、ただ東京と名古屋を往復するだけでは面白くない! …と、行きもしくは帰りにちょっと寄り道をしているんです。

大体関西に寄ることが多いんですけど、これもいつも鈍行使ったり(青春18きっぷ使用期間でもありますので)、深夜バス使ったりと変化をつけてはいましたが、これもマンネリ化してしまっていて、何か他に無いかと思ったんです。

9月のある日に、飛行機の羽田伊丹便の早割が出ているというネット広告を見たんです。衝動買いww 「名古屋への忘年会旅行」に飛行機を(しかも大阪行き)使うという究極のプラン。まぁ、その後大阪神戸寄ってゆっくり名古屋へ向かいますか…という計画ではありました。

その飛行機の予約を取った約1か月後。

ヴィッセルは天皇杯の準々決勝で大分を下し準決勝進出。神戸のノエスタで開催が決定…

開催日は12月21日(←忘年会開催日。かつ飛行機の搭乗日)

予定変更。

見に行こう!!

こうして、6年半ぶりにノエスタ参戦が実現したわけなんです。初めて生で見たイニエスタ。なんと、ゴールを決めてくださるし(^^)/

試合は3-1の快勝。ちなみに、この試合の対戦相手は清水エスパルス。私がこの日乗った飛行機は日本航空。清水と日航は長年のスポンサー関係だったりするんですけどね(苦笑)。

試合が終わって、新長田の鉄人広場に寄って、在来線と新幹線を乗り継いで名古屋へ行く行程は大変でしたけど(忘年会には約5分ほど遅れてしまうし…)、忘れられないものとなりました。

新年の挨拶のつもりが、こんなに長々となるとは(汗 

2019.12.31

年末のご挨拶

あと少しで2019年が終わってしまいます。

今年は元号も変わるという、大きな歴史の変化がありました。

そして、度重なる災害で心を痛める事も多くありました。

個人的には… 何と言いますか、面白いことが結構多かったかなぁと感じています。(嫌なこともそれなりにありましたけど)

もう少し、この年続いてくれれば…と、思うほど。

そして明日、新しい国立競技場で、ヴィッセル神戸が悲願の初タイトルを取ることを切に願うばかりです。

皆様もよいお年をお迎えください。

 

2019.11.25

初挑戦! 横浜マラソン

やってきました。横浜マラソン。

11月10日(日曜日)

一番電車に乗って会場へ。会場の最寄り駅のみなとみらい駅まで一本で行けるのは、余計なエネルギーを使わずに済むので助かります。

ただ早朝なんで、和光市からみなとみらいまでオール各駅停車だったりしたんですけどね…。

会場到着。着替える前、着替えた後、トイレに行く。2回も行ったんだから、もう走る時には大丈夫…と、思ってたんですけどね。

スタート地点到着。2万人もいるので、本来のスタートの場所からはかなり遠くの場所に。スタートまで30分。ただただ寒かった…。

8時30分。号砲鳴る。しかし、スタートからは遠い場所にいたために、まだ待ちの状態(それでも前進はしている)。

約7分後、ようやくスタート。混雑のためになかなか前へ進めない。ペースも遅くなる。

5Km通過時点で29分台。かなりのスロースタート。この先どうなるかと思ったんですけど、そこから先は人もばらけて本来の速さで走れるようになりました。

10km通過時点でちょっとした違和感が。また、トイレに行きたくなる事態に…。寒さでそういう事になっちゃうのかと。過去にも早い時間帯でそういう事が起こりましたが、トイレで待つ時間を惜しむんなら…と思い、そのまま我慢してゴールまで行っちゃったんですけど(そこまで深刻なレベルでもなかったし)。

今回のこの横浜マラソンはトイレの場所が頻繁にあって、結構待たずに行けそうな箇所が多かったんです。

「この先どこかにすぐに入れる所があるはず」と、トイレを見つける度に注意深く見てみたら、あったんです!

待ち時間ゼロ。2分弱で用を済ませて、レース復帰。フルマラソン5回目にして初のトイレタイムを経験しました(苦笑)。

もうすぐ12kmという付近での出来事でした。もしもこれより先にそれをしていたら、足の筋肉の疲れもあってそれまでのペースを乱しかねない恐れもあったので、絶妙な距離での行動だったと思います。

そのトイレタイムの前後のコースは首都高速湾岸線の真下をずっと通るということで、日陰になってたんです。一番早いペースで走りたかった場面だったので、これは本当に助かりました。

この横浜マラソンの特徴として、途中で高速道路(首都高速湾岸線)を走るというコースがあるんです。そこへ入る「杉田入口」の坂道が、このマラソンの難所的な場所だったんですけど、そこも難なく通過。景色もよく(富士山も見える!)、適度にいい風も吹き、フラガールやサンバガールのお姉さま方の熱烈な応援もあって、そこも切り抜けることができました。

高速を降りて(車ではありません。自分自身で走ってです…)35kmを過ぎてから、やはり疲れが…。あとで記録を見たら、30kmまでとそれ以降のタイムが違いすぎてました。しかし、これまでになく普段のランで長い距離を走ってきた事、ウエイトを落としたこと、これが効いたのか、前からこの時点で起こった変な痛みが殆ど起こらずに走り抜ける事ができました。

残り数キロの場面で横浜の中心部を通るんですけど、ここでもビルの日陰が。今回はこの「日陰」が本当にいい所で味方してくれました。お昼の時間帯。日も照って気温も上昇していただけに、これは本当に大きかった。

そして、ゴール。グロスタイム(号砲からの記録)こそ4時間4分57秒でしたけど、ネットタイム(スタート時点に立ってからの記録)は3時間57分58秒と、前回(今年3月)の板橋Cityマラソンの「屈辱の(?)僅か20秒でサブ4逃す」の悔しさを晴らす「サブ4奪還!!」となりました!!

合格発表から約5か月。前回の反省を踏まえて色んなことに取り組んできました。報われました。大きな大会でこの記録が出せたことは大きな誇りだと思います。また来年、合格通知を受けて、また横浜の街を走りたいなぁ…と、思います。

 

2019.10.28

はらたつ。

はらたつってったって、「原辰徳」関係ないですよ。4連敗やらかして、腹立ってる方々は多いとは思いますが(苦笑)。

まぁ、最近の台風や大雨の被害は尋常ではないレベル。どうしてこんなになってしまうのか? 実に腹立つ。

特に千葉方面の度重なる被害の連続は、目も当てられない状況。

改めて、被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。

「地球温暖化」とか「コンクリートから人へ」なんていう、人災めいた原因もあるかもしれません。以前取った政策に不備はなかったのか?

特に「コンクリートから人へ」関連の方々は、何にもコメントしていないどころか、現政権を叩くばかり。じつに腹立つ。

あと腹立つといえば、「東京オリンピック」のマラソン。

札幌に開催を移動するという話。お粗末であるとしか言いようがない。

足の引っ張り合いでしかない話し合い。とどめは「午前3時スタート」って!?

自分のことしか考えてないのがよ~くわかる。いい加減にしやがれ。いい笑いものの種だわ。悲しい😢。

Twitterで「伊豆大島でやれば?」というのツイートを見ました。確かにあそこも「東京都」だ。海洋性の気候のため、都心よりも涼しいとのことで、だったら本当にそうすればいいのに…と本気で思ってしまいましたよ。

マラソンはチケット取らなくても、コース内のどっかで陣取ればただで見られるかなぁ…という姑息な野望もあったんで、そこの所もかなり残念な話になっちゃってますね。

 

«運を使い果たしてしまったかもしれない、9月末

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

でー・ぶい・でー

てんきよほー

瞬!ワード